再開は三ツ沢の陣から

20_20200704015701J1リーグ再開当日です。その前日販売の金曜版ピンク紙です。裏表紙にはなんとフリューゲルスのユニホームを着た遠藤が、中面の見開きインタビューページにはJ1出場試合数ランキング1位と2位のデビュー戦所属チームに横浜Fの文字が載っている保存版でしたが、やはり選んだ写真はこの我らがNo.8でした。「待ち焦がれたJ1の舞台」へ、いよいよデビューか。それは、我らが丘のピッチでなのか(ナマで見たかった)。さあ、アイツが守るゴールをこじ開けろ。

| | コメント (1)

2020/07/03

仕上げはサッポロの黒星で

20_20200703012301壁面の応援黒板のフリ丸が、J1リーグ再開に向けて新しく書き直されてたのが嬉しかったです。再開初戦を2日後に控え、いつもの2人組が最終調整に訪れたのはもちろん横浜西口五番街の「とん太」。サッポロの黒星ジョッキで、たっぷりと水分補給してきました。あとは、ほぼ4か月ぶりとなるキックオフの笛を待つばかり。なお、店長さんも試合当日に備えて?昨夜(2日)はお休みでした。

| | コメント (0)

2020/07/02

帰って来た日常に感謝しつつ

20_20200702010201チェアマンをはじめとした関係者と専門家の努力の結集、感染を最大限防ぎながらJリーグを再開をするためのプロトコルには従いつつも、このルーティンは欠かせません。今週末の対戦相手に備えて用意したのは、札幌といえば大定番の「サッポロ一番 みそラーメン」と、地元スーパーがまさにこの一戦のために開設していた?北海道限定商品コーナーから「乱切り山菜そば 利尻昆布使用」「改 山わさび塩ラーメン 北海道産山わさび使用」。いずれも相手にとって不足なしですが、カウントダウンとともに容赦なくたいらげさせていただきます。

| | コメント (0)

2020/07/01

我が家にも届くはエール

20_20200701000601リーグ戦の再開前に準備しておきたかったものは、これで全て揃ったことになりますかね。昨日(30日)「横浜FC×横浜ビール」コラボ記念オリジナルラベルビールの6本セットが我が家にも届きました。6種類の銘柄を楽しめるだけでなく、アンケートで最もお気に入りだったビールを回答することで横浜FCのオリジナルビール開発プロジェクトにも参加したことになる企画商品。いいじゃないですか。リーグが再開してからもしばらくの間はスタジアムでアルコール販売はできないようだけど、それならなおのこと横浜ビールさんにじっくりと吟味してもらって独自の味を目指せばいいこと。ここはぜひ、ドイツ生活が長かった(しかもお酒には目がない)我らが奥寺会長のお好みを聞いておきたいところです。

| | コメント (0)

2020/06/30

主力選手のお二人でした

20-tvkなるほど、この二人には中央大学の先輩後輩という間柄があったんですね。やはりJ1にいると地元メディアの扱いも違うということで、テレビ神奈川(tvk)の「NewsLink」で 佐藤謙介と皆川佑介のオンライン同時インタビューが放映されました。リーグ戦再開への意気込みはもちろんですが、7月に行われるダービーについてケンスケの口から「相当重みのある試合」なんて言葉を聞いてしまうと、もうたまりません。でも、この試合はまだアウェイチームのサポは観戦できないのかな。スタジアムまでの移動距離は変わらないんだから、入れてくれてもいいのにね。ただ、あの場所自体はもともと大嫌いで行きたくないんだけどさ。

| | コメント (0)

2020/06/29

まるでロードショー帰りのように

20_20200629005001これまた驚きの、埃だらけの手提げ袋でした。ほぼ2か月かけて昭和のシングルレコードの再生を終えたあと、しばらく放置していたもう一つの紙袋に入ってたのは今度は映画のプログラム(もしくはパンフレット)。これも'70~80年代(つまりどっぷり昭和)を中心とした有名作品のものが50冊以上出てきました。ただレコードと違ってたのは、その保存状態がたいへんよかったこと。袋は茶色く変色していたのに、びっしりと詰まっていたプログラムは汚れや折れもなく色彩も鮮やかなまま。まるでロードショー館から買ってきたばかりかという状態でした。おそらく数年は人が出入りしてなかった叔父の部屋で見つけたとき、よれよれの袋ごと捨てずに引き上げて来てよかった。大事にさせてもらいます。

| | コメント (0)

2020/06/28

再開一週間前の調整には

20_20200627231501なるほど「紅とん」でなくなったということは、串ものが焼きとんではなく鶏系になったということですね。いつもの2人組はひと足早いJ2、J3の再始動を祝いつつ、自分たちの一週間前調整を土曜日の夕方に野毛で。2月以来およそ4か月ぶりのホームタウンで、忘れかけてた実戦の勘を養ってきました。あとは、試合日の直前に横浜西口で最後の追い込みをかけておけば、準備は万全です。

| | コメント (0)

2020/06/27

次こそは我らが丘で

20_20200626233001いよいよ、当日を迎えました。J2はリーグ戦再開の、J3はシーズン開幕のキックオフです。我らがクラブの出番まではまだ一週間ありますが、それでもドキドキを感じています。選手たちは、いったいどんな気持ちでいるのでしょう。そんなタイミングで届いたレジェンドそろい踏みのTシャツ。実際の対戦は次の機会(おそらく我らが丘で)のお楽しみとなったわけですが、これでこの中断期間中にJリーグオンラインストアで注文していたグッズが全て手元に揃いました。はい、こちらも再開準備完了ですね。少し気になるのは、約2か月前に注文していたTシャツが、この在宅期間中に縮んでしまっていないかということです。

| | コメント (2)

2020/06/26

待望のシーズン開幕はこちらで

 20_20200626004201我らがニッパツ横浜FCシーガルズの'20シーズン開幕戦は、三ツ沢の向かいのこちらの丘で。先日発表されたなでしこリーグ2部の日程によると、第1節のキックオフは7月19日(日)15:00。オルカ鴨川FCとホーム保土ヶ谷公園サッカー場で対戦することになりました。ただし、ホームゲームといっても第2節まではリモマ(正式にはリモートマッチ)。つまり、スタジアムに駆けつけて応援することはできません。おそらくDAZNの配信もないし、今のところはお家でおとなしく吉報を待つしかないのかな。失礼ながら、昨年までの現地の記憶では「密」の心配はそれほど感じないけどね。いずれにせよ、忙しい夏が始まるぞ。

| | コメント (0)

2020/06/25

えーっ、どういうこと!!

12-u20_20200625004301個人的には、東京オリンピックの延期決定よりもインパクトが大きかったです。日本サッカー協会は6月22日(月)、臨時理事会を開催し、開催国として立候補している2023年のFIFA女子ワールドカップの招致から撤退することを決定しました。その理由として療養明けの会長は、オリンピックの延期で(幸運にも来年開催できたとして)女子の世界一を決める大会が同じ国で行われる間隔が1年縮まったことや、2か国共催のオーストラリア・ニュージーランドの評価が高かったことなどをあげています。たしかにそれらは少なからず影響したのでしょうが、結局は招致レースでリードできていなかったということ。決定日である今日(25日)の3日前という直前撤退決定は、女子サッカーのもう一本の柱にしたい「WEリーグ」にもダメージが大きいでしょう。こちらも、秋春シーズンのスタジアムに誰が観に行くのかという懸念も含め、私には成功のイメージが浮かびません。今回の「苦渋の決断」の背景には、アジアやオセアニアの連盟に恩を売っておくという深慮遠謀もあるようですが。それよりなにより、このニュースが世の中的にぜんぜん騒ぎにならないことのほうが、よっぽど深刻な問題でしょ。

| | コメント (2)

2020/06/24

そういえば6月もあとわずか

20_20200624002301肌寒くらいだった月曜から、日差しと湿気たっぷりの火曜に。振り幅の大きさに戸惑っている間にも、暦は夏至を過ぎて7月も目前に。本来なら今年の6月は、ワールドカップ中間年のヨーロッパ選手権のためにこのブログのタイトル月らしい寝不足生活に追われていたはずですが、外飲みもすっかりご無沙汰の規則正しい生活に。その代わりなのか、わが家の裏のアジサイが珍しく(何年ぶりかも忘れた)季節感をアピールするかのように花を咲かせました。きっと、この春に母の実家跡からすぐ隣に引っ越してきた梅の木が、いい刺激になったのでしょう。

| | コメント (0)

2020/06/23

頼もしく誇らしい同い年

20_20200623004801なるほど、1月末の「ヨコハマ・フットボール映画祭」の会場でその穏やかな表情を間近に拝見したときには、もう武漢の情報収集とJリーグの対策の指揮に神経を研ぎ澄ましていたのですね。ここにきてようやく振り返りではない特集を組めるようになった「ピンク紙」と「フットボール批評」で、村井チェアマンのこの数か月の激務を読ませてもらいました。感想は、この時期のリーダーが彼でよかった。そして、その柔軟で迅速な判断と毅然とした態度はじつに頼もしく、誇らしかったです。これからもよろしくお願いします。できれば、昨年の夏の夜のように、我らが丘のゴール裏最後列でワイシャツの袖をまくって(半袖だった)生ビール片手に楽し気にピッチを眺める姿を、近い将来にまた見たいものです。

| | コメント (0)

2020/06/22

メニューいらずのホームカウンターが

20_20200622000501生存確認の目的は、ほかのお店だったのですが。日曜日の昼下がりにほぼ3か月ぶりに野毛中心部に突入してみたら、いつもの2人組が10年以上愛用してきた「紅とん」が姿を消してました。調べると、4月末で閉店していたとのこと。最近は満席で入れないことも多くやや足が遠のいてましたが、まさかのコロナ禍でした。ただ、代わって営業してた「八郎酒場」は確か同系列のお店。スタッフには見覚えのある顔もいたので、客単価を上げるための戦略変更なのかも。この状況ではそれも仕方ないけど、メニューもお値段もすっかりアタマに入ってた馴染みのカウンターが無くなっちゃったのは、リーグ戦再開前に軽くショックです。

| | コメント (0)

2020/06/21

再開を控えて異例の再作業中

20_20200621002501先日の「JリーグTV」で親友のげんさんが語ってたように、限界を超えるハードワークでシーズン2度目のスケジュール作成を果たしてくれた「日程クン」。となれば、こちらもそのありがたい新日程をあらためて手帳に書き込んでおかなければ。ただし、変更前と合わせると書き込むべき試合数は例年のほぼ2倍。ここにシーガルズの新日程も重なってくると、カレンダーページのマス目はけっこうびっしりです。あとは、お仕事の予定の書き込みを抑えめにするしかないか。

| | コメント (0)

2020/06/20

これで給水対策も万全に

20_20200619231001リーグ戦の再開まであと2週間(しつこいようですがJ1だから)。今週もまた、わが家に横浜FCから新戦力が届きました。お仕事中の給水タイムにぴったりの「珪藻土コースター(選手の背番号と愛称入り)」です。となれば私の場合、1枚目は迷わずNo.8となるのですが、そのあとの選択が監督並みに難しい。結局、コーキとフリ丸とクラブエンブレムというラインアップになりました。もちろん、あの両翼のスピードスターも、我らが得点王もとなるのですが、全てをお気に入りで固めてしまうと今度はグラスを乗せることに躊躇いが。そこはやはり、予算との相談と誰に体を張ってもらうかというオトナの判断ですね。

| | コメント (0)

2020/06/19

伊勢佐木あたりに灯りがともる

20_20200619022001今話題の”夜の街”に繰り出したわけではありませんよ。自宅でのお勤めのあと、買い出しに出かけたイセザキモールです。夕方から降り出した雨のせいもあるでしょうが、通りを彩る電飾もなく静かなものですね。たしかに、このくらいの人通りのほうが安心感があるといえばありますが。街灯に飾られたベイスターズの選手たちも少し寂しそう。そういえば今夜は(19日)もう、プレーボールか。

| | コメント (0)

2020/06/18

祝 あらためて段階的に開業!

20-24ようやくですね。当初5月末に予定されてた開業が延期になっていた横浜駅西口の新しい駅ビル「JR横浜タワー」が、今日(18日)の「シァル(CIAL)横浜」を皮切りに順次オープンします。隣接する「JR横浜鶴屋町ビル」も、27日から順次オープンということで、このなしくずしのグズグズ感が横浜駅らしいといえばらしいです。とりあえず、8~10階に入るシネコン「Tジョイ 横浜」にはけっこうお世話になりそう。通勤定期は、先週そっくり払い戻しちゃったけどね。

| | コメント (0)

2020/06/17

何はともあれお二人に休養を

20_20200617000101まずは「日程クン」とげんさんに、たいへんお疲れさまでした。今回はいろいろ救済があったとかで、生配信から編集ありの収録に戻っていた Jリーグ再開・開幕の日程発表秘話!Jリーグをもっと好きになる情報番組「JリーグTV」。しかもゲストには、この数週間で今シーズン2回目の大仕事をやりとげた「日程クン」とその親友げんさんが登場し、日程作成と発表までの苦労話を語ってくれました。原さんも言ってたけど「とにかく一歩前進!」ということで。まだまだ決めなきゃいけないこと、走りながら考えていくことはたくさんありそうだけど、引き続きJのある日常に向けての奮闘と貴重な情報をよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2020/06/16

リモートマッチのナイトゲームで

20_20200615221801どうやら、ウワサは間違っていなかったようです。2020明治安田生命J1リーグの第2節~第34節および2020JリーグYBCルヴァンカップ・グループステージの試合日程が正式に発表されました。そして、我らが横浜FCの初戦の相手は、やはり北海道コンサドーレ札幌でした。ホームゲームといっても、スタンドからは応援できない「リモートマッチ(無観客試合はこう呼ぶことに決定)」。しかも、第2節にしていきなりのナイトゲーム。見るからに「日程クン」の苦労がしのばれる過酷で過密な新スケジュールですが、いよいよ我らが丘の照明塔(病室だけでなく)に灯が入ります。皆さん、ココロと体の準備はいいですか。

| | コメント (2)

2020/06/15

リモートワークのアシストに

20_20200614191801先週の「布マスク」に続いて、今週も横浜FCからお届け物が。クラブの名前とロゴがデザインされた「ポータブルスピーカー(Bluetooth対応)」です。久々の現場復帰となった先週末のお客さま打ち合わせにはさっそく我らが布マスクを先発起用させてもらいましたが、このスピーカーもリモートワークのアシスト役として期待大です。Jリーグオンラインストアの購入履歴を確かめたら、このほかにも2品が配送準備中とのこと。リーグ戦の中断が延長され無観客化のウワサを耳にしてからいつになく積極的にグッズ売り上げに協力してきましたが、その後の勤務環境の変化でどの品物も思ってた以上に即戦力になってくれそうです。

| | コメント (0)

«4週間後を見据えたペース配分で