2018/02/21

もはや無理難題とのこと

18_2
ピンク紙の各クラブ担当記者でさえ、昨シーズン一番当たって5チームだったそうです。つまり、当たるわけがない。その恒例のJ2順位予想で、我がクラブは10位とのこと。上等じゃないですか。いずれにしても、年に一度のこの特集が出たということは、今週末には開幕ということ。さあ、キックオフまであと4日。

| | コメント (0)

2018/02/20

今日のテストアップは

18
まだまだ慣れてないことが多いので、今日も新しい端末からのテストアップ中。この場所は、昨年から東京マラソンの折り返し地点になった門前仲町の、ほぼ「じとっこ組合」前です。レース時には、センターラインの白くなっている部分を平らにして、あのデカいコーンのようなものが立てられます。ランナーの皆さんは、そこをUターンしてまた両国方面へと向かうわけです。ご苦労さまです。

| | コメント (0)

2018/02/19

新端末からテストアップ

18
シーズン開幕に間に合わせたわけではありません。娘のスマホ機種変更におつきあいしたついでというか、勢いで私もケータイを機種変更。といっても、いよいよのスマホデビューではなく、ガラケーからガラケーへの更新。これで、堂々の4Gユーザーだ。

| | コメント (0)

2018/02/18

これも大事なプレイベント

18_1
さあ、今日は今シーズン初めて、我らが丘で我らがシーガルズの練習試合が行われる日。天候も絶好の三ツ沢日和ですが、私のお出かけ先は反対方向の南へと下ってお墓参りに。久々参加の娘の入試結果報告と、そのご褒美?のスマホ買い替えもあり、日頃から家庭最優先の私は初戦欠場となりました。この行事自体はべつに昨日でもよかったのですが、シーガルズの試合が重なるのは想定外でした。が、きっとこの真摯な姿勢と心掛けを、サッカーの神さまは見ていてくれるはず。ということで、開幕前の大事な準備をまた一つ果たして、来週を待ちます。

| | コメント (0)

2018/02/17

やはり、麦ちゃんだな

18_3
濃密な2時間49分でした。大林宣彦監督の最新作「花筐 HANAGATAMI(2017年)」を伊勢佐木町の裏通りの地下、横浜シネマリンで鑑賞。あたりまえですが全編大林ワールド全開の大作は、監督自身の「戦争3部作」とか反戦映画という前振りなど遥かに飛び越えたパワーあふれる映像芸術でした。この作品の脚本が、40年前のデビュー作「HOUSE/ハウス(1977年)」より前に書き上げられていたというのも興味深いですが。その後のキャリアの集積と、一方で80歳にして変わらぬ瑞々しさと、病に立ち向かう執念のようなもののすべてが凝縮されているようで、ただただ圧倒されました。この作品の公開を記念してシネマリンで3月まで続く「大林宣彦監督傑作選特集上映」では、あと何本見られるだろう。

| | コメント (0)

2018/02/16

今週しか集まれないから

18_2
今夜は、原宿の「千」で「シーズン開幕前夜祭&今年はワールドカップイヤーだよね確認会」。来週末からは、皆さんそれぞれのチームの試合が始まって忙しくなっちゃうので、集まるなら今しかありません。それにしても、前後左右どこもかしこも激変のこの通り(旧称とんちゃん通り)で、ざっと25年の間ここまで外観も、店内も、お料理の味も、ママさんたちも変わらないのは、ホントに凄い。

| | コメント (0)

2018/02/15

今年もドックでドック

18
たしか去年は、この船渠も雨に濡れていたはず。ランドマークタワー内にあるクリニックで、年に一度の人間ドック兼シーズン前のメディカルチェックを終了しました。まあ、厳密にいえば先生に首を傾げられる数値も幾つかありましたが。ざっくりいえば、ほぼ横ばい状態。となれば、引きずっていた錨を上げて、みなとみらいから春の陽気の午後のヨコハマ(海とは反対側ですが)へと出航です。

| | コメント (2)

2018/02/14

コイントスにも慣れたかな

18
ずいぶんともったいぶっていましたが、ようやく発表されました。横浜FCでは、2018シーズンのキャプテンをMF佐藤謙介選手(29)が務めることとなりましたのでお知らせします。先日のシーズンウェルカムパーティーのときも、サインを貰いながら直接本人に尋ねたのですが、はぐらかされてしまいました。まあ、いいでしょう。いろいろと大人の事情もあるでしょうから。でも私としては、彼がもう一度先頭に立ってこそ、昨シーズンのリベンジ。恒例?となったわが家の年賀状への魂注入も果たせたし、いよいよ開幕カウントダウン突入です。

| | コメント (0)

2018/02/13

次は上大岡に止まりますって

18_2
連休明けの火曜から、上大岡の立ち呑み屋を攻めようとしたわけではありません。横浜駅で乗り換えた京急の、次の停車駅が上大岡でした。要するにホームで何も考えずに乗ったのが、いつもの普通列車でなく快速特急だったということ。車内放送で気づいたときには遅く、なすすべなく6つの駅を通過されました。せめてもの救いは、まだ上り電車が走ってたこと。以前には、寝落ちして乗り過ごし、1時間以上歩いて帰ったこともあったから。この季節にそれは命とりです。

| | コメント (0)

2018/02/12

自主的にハーフタイム中

18
「ヨコハマ・フットボール映画祭2018」も二日目。今日は、昨日と違ってみなとみらいへ移動する必要もないので、一本目の「アフリカ・ユナイテッド(2008年 UK・南アフリカ・ルワンダ)」を見終えた2人組は自主的に中華街でハーフタイム中。これこそが、会場が関内に引っ越してきた一番のメリットですから。あとは、後半戦の二本「セルティック・ソウル(2016年 カナダ)」と「ジョホールバル1997(2018年 日本)」で寝落ちしないよう気をつけないと。

| | コメント (0)

2018/02/11

そして再び関内へ

18_3
みなとみらいでのミッションは、無事に終了。再び関内へと引き返してきて「ヨコハマ・フットボール映画祭2018」初日の三本目「YOU’LL NEVER WALK ALONE(2017年 ドイツ)」に合流です。開港記念会館のロビーに入ったところで、自分たちが持つチケットの整理番号が呼び出されるジャストタイミング。選手の「サイン&写真撮影会」が予定より延びてたけど、なんとか間に合ったわ。

| | コメント (0)

そして二つ目の会場で

18_2
綿密な移動計画どおりに、2人組は関内からみなとみらいの「パシフィコ横浜・アネックスホール」へ。ここからは、我らがクラブの「2018新体制発表会&シーズンウエルカムパーティー」です。いよいよクラブ創設20周年にあたる記念すべき一年が始まります。宮崎ではかなり走り込んだらしいけど。頼むよホント。

| | コメント (0)

ひとつ目の会場

18
毎日通勤のときに目にしている東京駅ではありません。関内のシンボル的建造物のひとつ「横浜市・開港記念会館」です。昨年までの開催地、みなとみらいから引っ越してきた「ヨコハマ・フットボール映画祭2018」が、この館内の歴史あるホールで始まります。一本目は「ビアンコネッリ:ユヴェントス・ストーリー(2016年 イタリア・アメリカ)」。さあ、長く慌ただしい一日の始まりです。

| | コメント (0)

2018/02/10

今週もプレシーズンマッチ

18_2
いよいよ開幕まで2週間。我らがクラブもようやく練習試合で初勝利(お相手はJFLのHONDA.FC)をあげたようですが、こちらのお手合わせのピッチも上がってます。で、今週からは同じJ2カテゴリーで揃えようと思っていたら。なんと、またもや群馬から新顔「塩ガーリック」が。いやあ、相変わらずのチャレンジ精神に恐れ入ります。となれば、シーズン前に押さえておかなければというわけで、この組み合わせとなりました。なお、明日(11日)は関内とみなとみらいをとんぼ返りして、「映画祭」と「ウェルカムパーティー」の掛け持ち。なんとも贅沢なフットボールデーですが、分刻みの過密スケジュールとなりそうです。

| | コメント (0)

2018/02/09

伊勢佐木町で開会式中

18
なんだかんだいっても、冬季オリンピックは予定どおり開会式を迎えています。今夜は、伊勢佐木町の立ち飲みカウンターで平昌の祭典を観覧中(青江三奈遺品展には間に合わなかった)。あらためて、今年はワールドカップイヤーだということですね。だからって、この季節のロシアにはゼッタイ行きたくないけどね。

| | コメント (0)

2018/02/08

両チーム合わせて68試合

18_2
さあ、今年もこの手帳のカレンダーの週末が、ほぼ9カ月先まで埋まりました。これもまたこの時期の恒例作業。数年前からは、トップチームにシーガルズが加わってさらに過密になりました。もちろん、ワールドカップイヤーでもJ2のリーグ戦に中断はありません。そのため、ホームゲームの皆勤は4シーズンぶりに途切れることになりますが、それはまあ仕方ない。ただその欠場が1試合で済むか2試合連続になるかは、成田に定刻通りに着けるかどうかで決まりそうです。

| | コメント (2)

2018/02/07

飲んでないのに錦糸町

18
たしかに昨夜(6日)は、ボウリングの結果に浮かれて、同じような時間に同じ錦糸町の駅前で祝杯をあげていましたが。今夜はマジで素面。しかも、いままで食事も抜きでお仕事でした。ま、たまにはこういう日もあります。腹減ったぁ。

| | コメント (0)

2018/02/06

3年目にしてやっと

18
いろいろと、過去2年の反省が生かされた今夜でした。今年で第3回目となる会社のボウリング大会で、チームと個人の2冠を達成。いやいやスコアのレベルはたいしたことありませんが、それでも去年までのイメージのギャップに比べれば自分的に納得のいく内容。その一番の要因は、使うボールを軽くしたことでした。だからね、バイトを終えたあとに夜通しで何ゲームでも遊んでいられた頃と同じボールを選んじゃいけないんだって(何十年前のことだよ)。去年のこの大会後にようやく気付いたその教訓を忘れていなかったことが、なによりの今日の勝因。あと、こうして書き込みをアップできていること自体も、その余裕もなく写真の一枚も残ってなかった去年までとの大きな違いです。少しは成長したか。

| | コメント (0)

2018/02/05

まさにキングオブバカ

18
先週の3本連続鑑賞のあとずっと身体の芯に残ってた凝りのようなものか、一気にほぐれきりました。イセブラの流れで2丁目まで遡り、横浜シネマリンに潜って観た今週の一本は「ちょっとまて野球部(2017年 監督:宝来忠昭)」。新潮社の「GOGOパンチ」に連載中の漫画が原作という青春?映画は、高校の野球部員が主人公ながら一滴の汗も涙も出てこないとことんおバカな脱力系物語。うん、たまにはいいねこういうのも。周辺に何軒もある怪しげなマッサージ店より、どれだけリフレッシュできたことか。なぜ比べられるのかは置いといてね。

| | コメント (0)

2018/02/04

ため息吐息も50年

ため息吐息も50年
なんと、発売50周年だそうです。明日5日からイセザキモール4stの「CROSS STREET」で始まるという「伊勢佐木町ブルース・フェスタ」。11日(日)までの「青江三奈遺品展」も気になりますが、12日(月)の記念ライブ第二部「伊勢佐木町ブルースと1968年のヒット曲(ブルーライトヨコハマや花の首飾りや長い髪の少女だって)」には惹かれます。そうか、テレビであのため息?とシュドゥビドゥビドゥビドゥビドゥバァ~を聞いてしまったのは、小学3年だったか。

| | コメント (0)

«今週のプレシーズンマッチ