2017/10/23

なるがままに

なるがままに
ようするに、現在まともに走っている路線はないということ。まあ、急ぐ旅でもないので、ここまでの道のりと同じように、来た車両のムリなく乗り込めるドアを選んで会社に向かいます。それにしても、京浜東北線の車窓から見えた多摩川は野球場もサッカーグランドもすっかり姿を消して、川幅がいつもの倍はある大河になっていました。流されてきたゴールポストは、橋脚の根元でひしゃげてたし。結局ほぼ無風状態だった選挙と違って、超大型台風の破壊力恐るべしです。

| | コメント (0)

2017/10/22

国会にも強風は吹くのか

17
U-18日本代表との練習試合を見に西谷の丘に来ているのではなく、国政への代表?を選ぶ投票のために西戸部の丘に来ています。もちろん、風雨の中ゴールに向かって黙々とシュートを打ち続ける選手もいません。近づく台風の気配に高揚してずぶ濡れで走り回る年齢でもないので、このあとは数十年前と同じ道を辿っておとなしく家に帰ります。この歩いて5分ほどの世界で、あの頃の毎日が成立していたわけですね。娘も、横浜市長選に続いて衆議院選挙にデビュー。卒業式からまだ3年も経っていないこの風景は、どのように見えているのでしょうか。

| | コメント (0)

2017/10/21

窓の外は雨、雨が降ってる

17_2
うーん。東洋のコンピューターでも、予測できないことがありましたか。もっとも、当時と現在では扱うべきデータの容量も処理速度もケタ違いですけどね。なんてことを、一人振り返っている土曜日の午前中です。「CAFE BON BON(エスプレッソ&コンデンスミルクだって)」とかいう、飲み慣れない一杯をいただきながらね。それにしても、あの流れでも勝ちきれないかあ。あぁもったいな。

| | コメント (0)

2017/10/20

ここはどこ?ここが等々力?

17
見違えるようなメインスタンドが、そのまま現在の両クラブの立ち位置の違いの象徴でもあるようで、少し複雑ではありますが。とにかくここが、今夜のホームスタジアム。であるならば、あたり前のように試合には勝ちきりましょう。ね、我らが本当のレジェンド監督。そして、いつものように?倒立前転から側転だ。

| | コメント (0)

2017/10/19

対戦前夜におトナリをがっつり

17_2
なんだか、あっという間の一週間でした。といってもまだ木曜日じゃん、と思うかもしれませんが、われらがクラブの今節は金曜日のナイトゲーム開催。しかも、なんちゃってホームの等々力陸上競技場での試合となります。もともと、この週の日程が慌ただしいことは覚悟していましたが、まさかその短いインターバルの間に次の監督探しをすることになるとは。とりあえずこの場は、会長自らが陣頭指揮を執って凌ぐことになりましたが、果たして残り5試合という切羽詰まった状況で暫定以外の監督が見つかるのでしょうか。とはいえ、ゼッタイに勝たなければならない試合に向けて、やるべきことはやっておかなくては。ということで、今夜いただいてきたのは「東京タンメン トナリの味噌タンメン」。なんちゃって都内、町田との横浜線ダービーの事前対策には、これしかありません。

| | コメント (0)

2017/10/18

緊急ミーティング中

17
とりあえずアタマを冷やそうと頼んだトマトの上に乗っていたのは、なんと氷。それくらいでちょうどよかったかもしれないけど、想定外のドタバタに言いたいことが尽きない2人組は、門前仲町で緊急ミーティング中です。例年に比べれば充分に楽しませてもらったシーズンですが、まだ何も終わっていないから。自分たちで積み上げてきた勝ち点をムダにするような迷走はカンベンです。暫定監督だろうがなんだろうが、残り試合に勝っていくしかないから。行くぜ、等々力。

| | コメント (2)

2017/10/17

堤防をつくらないという選択

17_2
帰りがけの思いもしない一報のせいでその余裕もなくしていたので、ここらでもう少しだけ今回の仙台遠征を振り返っておきます。津波で大きな被害を受けながらも、巨大な堤防で囲い込むことなく「海の見えるまち」としての復興を選んだ女川町。もともと街の中心地であったJRの駅前に広がるエリアには地元の人たちのための新築の商店と、観光客を迎え入れる飲食店や海産物のお店が混在していて、新たな賑わいが生まれていました。そのいちばん海側の鮮魚店の前に吊るされていたのが、サンマの丸干し。これはこれで「じゅるる」だったのですが、店内の氷の上には水揚げされたばかりのサンマもズラリ。ところが、その姿は意外にもスリム。なるほどこの本場でもそのフォルムということは、東京や横浜のサンマがすっかり細身になっちゃうわけだ。ああ、ぽっちゃり系たちはどこへ。

| | コメント (0)

2017/10/16

次節まで4日も続報は届かず

17_6
12月の中旬並みという寒さと冷たい雨が一日中続いていた月曜日。待ち続けた続報は届きませんでした。次の試合はもう金曜日にやって来るというのに。残りは5試合しかないというのに。前監督が試合後のインタビューで語っていたように「限られた時間の中で、やるべきことをやらなければならない」のに。そもそも監督が変わったからといって、負傷した選手たちが突然回復するわけはなし。ショック療法には、動揺という副作用が必ずついてくる。それでもなんでも結果でしか評価されないのがプロだから、選手たちは昇格という目標に向けて前進し続けるしかないし、達成できたらこの決断は正しかったと私は喜びます。ただ、それとは別にまず中田氏には、我らがクラブのドタバタに3年間も付き合っていただき本当にありがとうございました。できれば、最後にバク転を見たかったな。

| | コメント (2)

2017/10/15

牛たんで締め括っていたら

17_5
青葉城恋唄に送られて、やまびこ号が仙台駅から走り出しました。今回の仙台遠征も、現地での行動予定はすべて終了。あとは、新幹線に身を任せて東京、横浜へ向かうのみです。首都圏と違って、こちらの二日間の降雨量はゼロ。ときおり日差しもあって、寒さを感じることもほとんどありませんでした。すっかりこちらの生活に馴染んだ?弟夫婦の行き届いたガイドのおかげで、食べて飲んで海を見て、実に充実した時間を過ごせました。ということで、何ひとつ文句のなかった遠征のはずなのに、記憶のスミに棘がささったようなこの感覚はなぜ。なにか忘れてしまいたいような出来事が、昨日とかにあったっけ? と辿っていたら、まさにそのときに横浜から驚きの一報が。あー、思い出したよ。そういえばね。

| | コメント (2)

もう一足伸ばして

17_3
石巻からさらに東に足を伸ばして女川へ。港から駅までの一帯は、再開発によって「海が見える公園のまち」に生まれ変わっていました。その片隅の海鮮のお店「このり」でいただいたのは「旬天丼」。地元名産の牡蠣、穴子、メヒカリの天ぷらはどれもふっくら柔らかく、味もボリュームも大満足。さすが、井の頭五郎さんが目を付けた(こんなにキレイになる前ですが)だけのことはありました。

| | コメント (0)

変わりつつある中洲へ

17_2
遠征二日目にやってきたのは、今回の仙台ツアーのいちばんのお目当て、石巻の「石ノ森萬画館」。この中洲へは私自身は3年ぶり3回目の来訪となりますが、今回はおそらく一日中この中にいても飽きないと思われるメンバーも一緒です。

| | コメント (0)

2017/10/14

そして本当の目的地へ

17
ああ、そうでしたそうでした。今日は、家族みんなで秋の仙台へおいしい酒と肴をいただきに来たのでした。弟たちが連れてきてくれた、このお寿司屋さんのような居酒屋「どん亭」では、地酒の「もっきり」も飲んだし「はらこメシ」も食べたし。そもそも、それが本来の目的だからね。自分でも、いま思い出したわ。

| | コメント (0)

経由地に到着

17_2
よし、山形は心地よい秋晴れ。この寄り道の気がかりは、逃げ場がまったくないこのスタンド(慣れてるけど)での氷雨か雪だけだったから。あとは、遠慮なく勝ち点3をおみやげにいただいて、家族が待つ仙台へと追っかけ向かうだけだ。

| | コメント (0)

行くぜ東北!ひとり山形!

17
今日は、家族3人で東北遠征。仙台に勤務中の弟たちを訪ねて、秋の杜の都を満喫する予定です。が、なぜか私ひとりだけが別車両に。じつは、この遠征の決行を最終判断したのは一昨日。家族の都合で、週の半ばからいろいろ迷った末の結論でした。で、行くと決まったからには、少し手前でぎゅぎゅっと左へ寄り道させてもらうしかない。山形経由仙台行きの旅のお供は、もちろん「米沢名物 牛肉どまん中」弁当。がっつりいただいて、勝ち点3も持ち帰らせてもらいます。

| | コメント (2)

2017/10/13

そして飛行士たちが帰ってくる

17
冷え込みましたね。これが例年並みの気温らしいですが、NHKの朝のお天気ネエサンにもそろそろ寒いという言葉を使うのを許してあげますか。といった金曜日に観てきたのは、予定より1年以上も待たされて、ようやく本日公開となった「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」。大掛かりなCG映像や大音響ものにはあまり魅かれないのですが、このシリーズだけはほぼ公開と同時に映画館に通ってきました。その新三部作の完結編にして、あのオリジナル第一作(1968年)の世界につながるというそのストーリーは、ここではナイショにしておきますが。感想はと言えば、面白かったし納得です(寝落ちするヒマもなし)。で、やがてあの4人の飛行士たちが乗った宇宙船が、湖へと墜ちてくるわけですね。

| | コメント (0)

2017/10/12

少し長めのオフのあとに

17
さあ、今週もそろそろ始めますか、次節に向けた対策を。ここ数週間に比べると立ち上げもゆっくりで、集めたお相手も抑えめに感じるかもしれませんが。酒どころらしく「山形正宗 純米酒(水戸部酒造)」と、渋めのツマミ「魚屋手作り そのまんま甘エビ(木川屋本店)」「日本海産ホタルイカ姿干(木川屋本店)」で、チビチビ自宅呑みです。たしかに、このところやや入れ込み気味だったことは否めず。それが、オーバーワークと選手の負傷に繋がったかという自省もあります。が、もう一つの理由については、もう少しもったいぶっておきましょう。

| | コメント (0)

2017/10/11

だけどボクラはくじけない~

17_2
今週もちゃんと買ってきました、水曜版ピンク紙。今大事なのは、現実から目を逸らさずにひたすら前を見つめて、ですから。振り返れば、U-17ワールドカップインド大会に選出されていたわれらがユースの斎藤選手の開幕直前離脱から、シーガルズのリーグ最終戦敗戦、そしてトップチームの大一番でのアクシデント&逆転負けと、連休初日からままならぬ出来事が続いていました。加えてわが家においても、季節外れのサクラサクならずでしたが、その当人を含めもう次を見据えているので。切り替えとリスタートについては、また後日お知らせします。

| | コメント (0)

2017/10/10

小机ではなく新横浜

17
今夜は、珍しいところに来ています。でも、誰かさんと違って?、ちゃんと勤務時間いっぱいは会社にいましたよ。それでもなんとか間に合った。今シーズン、このムダにデカいスタジアムの背中は何度も見てたけど、中に入ったのは初めて。で、私の記憶が確かなら、ハイチはあの74西ドイツ大会に出ていたはず。ただ相手がどこにせよ、自分にとっては週半ばのリハビリみたいな試合。と思っていたら、なにやら思わぬ展開に。会社の営業さん助けのつもりで急遽買い取ったチケットだったけど、目の色が変わった終盤のおかげで元が取れちゃいました。

| | コメント (0)

2017/10/09

ロックンロールは喉が乾く

17_2
イェーイって、叫びました。分かっていてくれる〜って、大声で唄いました。そして、みんなでチャボの67歳の誕生日(本当に)を祝いました。おかげで、喉がカラカラです。で、結局今夜も新橋で一人飲み。そりゃ、そのまま真っ直ぐは帰れません。でも、あれほどロックンロールした後も、カウンターで選ぶのはホッピーセットの黒。まあ、今日集まってた9割以上がそういう年齢層でしたから。

| | コメント (0)

雨あがりじゃない夜空に

17
十数年ぶりの日比谷野音です。もうすぐ、お待ちかねのライブが始まります。終わり良ければすべて良しで、いろいろあった3連休をまとめて、いつものようにキメて〜ぶっ飛ばしてもらいしょう。で、誰のライブを観に来たのかというと、仲井戸麗市とその古くからの仲間たちによるCHABO BAND。家から出てくるときにカミさんには念を押しておいたけど、チャゲではなくて、チャボですから。

| | コメント (0)

«こころの整理に?