2017/12/11

中国戦は八重洲店で

17_hub
金曜日の韓国戦は、錦糸町店でした。で、第二戦の今夜は八重洲店。どちらも、HUBで高倉なでしこを観戦です。ハリルジャパンだと違うのかもしれませんが、そこそこお客さんは入っていてもサッカーお目当ての人のほうが少数派。いまの女子代表への関心度は、そんなものなのかもしれません。でも私としては、ゴールシーンの騒ぎに巻き込まれることもなく、ほっといてもらえるのがありがたいです。猶本ちゃん、がんばれ。

| | コメント (0)

2017/12/10

昨日の敵は来シーズンの

17
昨夜(土曜夜)から今朝(日曜早朝)にかけて、まるまる3試合を予定通りヌクヌクテレビ観戦。はい、ヒマです。どの試合も1-0もしくは0-1と、勝負に徹した目の離せない試合ではあったのですが。この二日間で私にとって最もインパクトがあったのはこちらの横浜FCでは、FC町田ゼルビアよりFW戸島章選手(26)が完全移籍加入することが決定いたしましたのでお知らせいたしますというお知らせ。おー、クラブのやる気は本気かな。自らのコメントで特徴だと語ってる高さと運動量も頼もしいのですが、FWらしいどん欲さにも期待します。因みに、白いユニホームのほぼ中央、長身のNo.23が戸島選手。まだまだ気になる選手たちの去就も残っていますが、引き続き吉報を待ってます。と思ったら、某元監督の某J1クラブのアカデミーダイレクター就任のニュースが。へぇー、監督の座にはこだわらないのか。いずれにしても、また距離ができちゃったな。

| | コメント (0)

2017/12/09

帰って来たエース

17
そうですか、韓国には5年も勝てていなかったんですか。ならば、なおさら3点目を取って勝ちきれたことは大きい。しかも、帰って来たエース、ブッチー(マナドーナだっけ)の決勝ゴールというのも嬉しいです。もともと、澤以降の代表を引っ張っていくべき存在。あの世界一にも最年少で貢献しながら、その後はあまりにも負傷が多かっただけに、90分間のフル出場と落ち着き払った最後の一発が頼もしかったです。同世代の横山と二人で両輪になってください。それにしても、厳しい冷え込みに加えてのこの雨。そりゃスタンドは寂しくなるわ。金曜、月曜、金曜にフクアリという試合日程も、あまりに高いハードル。ならば土日なら駆けつけるのかと問われれば、ザンネンながら今夜もヌクヌク自宅観戦です。

| | コメント (0)

2017/12/08

現場からお伝えしています

17
すでにニュースでご存知の方も多いかと思いますが。昨夜、この参道の奥へ数十メートル入ったあたりでかなり衝撃的な事件が発生しました。まさにその事件の当事者ともいえる富岡八幡宮にはつい先日お参りをして、合格祈願の御守りをいただいてきたばかり。その甲斐あって?か入試も無事突破できたので、近々お礼参りに行こうと思っていたのですが。まさか、そんな物騒な内情があったとは。昨夜も、門前仲町での祝杯ついでに境内をうろついてなくて、ホントよかった。

| | コメント (0)

2017/12/07

突然の銅像

17_2
それは、この月曜日に突如姿を現しました。バス停の移動のあとにも仕上げの工事が続いていて、今日7日に全面オープンした東京駅の丸の内広場。その片隅に、先週まではカバーに覆われていた高さ7~8メートル(台座含む)ほどの立派な銅像が。工事中はてっきり地下街へ降りるためのエレベーター乗り場だと思っていましたが、ネットで確認したところ元長州藩士で「日本の鉄道の父」と呼ばれた井上勝の像とのこと。はじめは、どっかの社会主義国じゃあるまいしと思いましたが、100周年を記念する東京駅の復元工事が始まる前からこの丸の内口のシンボルだったよう。その工事のために撤去・保管される以前は、赤レンガの駅舎に背を向けていたようですが、今は自らが開通を推し進めた東海道線などの電車たちを見守る向きに。たしかに、このほうが本人も落ち着くことでしょう。

| | コメント (0)

2017/12/06

知らぬは親父ばかりなり

17
まんまと嵌められていたようです。今日の昼頃、なにげなく会社の机の上に置いてあったケータイを見るとメールの受信通知が。いつもの相方からかと思って開いてみたら、珍しく娘から届いていたそれは、推薦で受けていた入試に合格したという知らせでした。えー、発表日は今度の日曜日じゃなかったの。と、帰宅してからあらためて尋ねてみると、カミさんと二人で仕組んでいた芝居だったとのこと。それも、娘の指示で。当人よりも気にし過ぎて仕事も手につかなくなるだろうからと、ウソの発表日を伝えられていたようです。どんだけ見透かされてるんだ親父。まあ、ハッピーエンドであればそれで十分。はい、ホッとしました。

| | コメント (5)

2017/12/05

2019年の2年前に

17_2049
劇場公開開始から、既に1か月以上。ようやく「ブレードランナー2049(監督:ドゥニ・ヴィルヌーブ)」を見に来ることができました。とりあえずあの前作(1982年公開だから初めて観たのは大学生のときだ)を見直して、ストーリーをしっかり思い出してからでなければもったいないと思ったのがここまで延び延びになった理由。その斬新な未来観を刻み込まれた前作の設定は2019年だったから、それまでもう2年だけど。その後の30年の間に、レプリカントはどのような進化を遂げたのか。自分の方は、この35年でかなり経年劣化が進んだけどね。

| | コメント (0)

2017/12/04

ようこそ7人のカモメたち

17_7
きっと来シーズンも、キャプテンの代わりだけは誰にも務まらないのでしょうが。ニッパツ横浜FCシーガルズでは、2018シーズンの新戦力として7選手の加入が内定いたしましたのでお知らせいたします。先日の7人の引退発表に続いてじつに手際が良いというか、シーズンオフに入ってからの積極的な仕事ぶり。それが昨年の反省に基づくクラブの意欲の表れならば、たいへんいいこと。チーム内のポジション争いも激しくなるでしょうし、開幕までのコンディショニングにも緊張感が生まれるだろうから。この春のような、逆の意味で見違える?ような選手もいないでしょう。大卒6人、高卒1人という構成も、即戦力の期待が高まるし。1部昇格を狙うと宣言するからには、こうでないとね。残るは、いまのところ2人体制のGKの補強かな。また少し、春の待ち遠しさが膨らみました。

| | コメント (0)

2017/12/03

すべてが決まる試合を横目に

17_1
はい、この土曜と日曜で来シーズンのJ2での対戦相手がすべて決まりました。J1からは、甲信越と埼玉という遠征圏内の3チームが仲間入り。J3からは栃木が復帰してきて、すっかり他人事になってしまった昇格プレーオフではリーグ成績のアドバンデージを活かした3位チームがさようなら。そんなあちこちでの痺れる勝負を横目に、私がせっせと励んでいたのがこの切手の選別作業。じつはこの夏、カミさんのお仕事つながりで膨大な古切手がわが家に流れ着くことに。もともとそんな趣味もないので、ほぼ素通りしていくはずだったのですが。偶然目にしたサッカーボールの絵柄にもしやと思ったのが、この内職?の始まり。段ボール箱で十箱以上ある世界各国の使用済み切手の中から、出てくる出てくる。古いものでは66イングランド大会を記念したものから、06ドイツ大会のマスコットが描かれたものまで。開催国や参加国だけでなく、直接関係していない小さな国の切手からも掘り出し物がザクザク。あまりの量の多さにシーズンオフ中の整理も難しそうですが、いつかお披露目できればと思ってます。あっそうだ、高校サッカーの神奈川県代表を勝ち取った桐蔭学園にもおめでとう。我らがジュニアユース出身選手がPK合戦に3人も出てきて、思わず応援してしまいました。

| | コメント (0)

2017/12/02

上等じゃないですか

14
寝過ごしました。黒ホッピーにナカ4杯が、効き過ぎました。で、早朝4時に目が覚めて録画で見直そうと思ったら、ハードディスクの残量がゼロで映像はどこにも無し。それでも、かなり落ち込みながらネットで確かめた抽選結果は、上等じゃないですか。4年しか待たずにリベンジの機会を与えてくれるとは、サッカーの神さまもお優しい。このチャンスはぜひ活かさせてもらいましょう。そのうえで、セネガルとポーランドもデュエルで蹴散らさないと。因みにサランスク、エカテリンブルグ、ヴォルゴグラードについては、これからいろいろ調べます。

| | コメント (4)

2017/12/01

数時間後には

17
金曜日の夜は、久しぶりに野毛のカウンターに。とうぶんの間、土日に遠出する用もないので。それより今夜はこのあと数時間もすると、地球の三分の一くらい向こう側でいろいろと影響が大きい抽選会が開かれます。毎回のことですが、私にとってはその抽選結果が、行き先を告げるダーツの矢みたいなものですから。

| | コメント (0)

2017/11/30

お手柔らかにね、ジャンボ

17_2
うーん。来シーズンも一緒に闘いたかったなあ。横浜FCでは、大久保哲哉選手(FW 37歳)について、契約満了にともない2018シーズンの契約を更新しないこととなりましたのでお知らせ致します。わがクラブでJリーガーとしての第一歩を踏み出してから13シーズン。移籍後も2度の復帰を果たして、計7シーズンを我らがジャンボとしてプレーしてくれました。J1とJ2合わせてもJ2だけでも、あと僅かで100ゴールだったし。できれば、三ツ沢でみんなで祝いたかった。例えばあの等々力の幻のハットトリックが勝ち点3に結びついてれば、また違う判断があったのかもしれないけど。それはタラレバになってしまうので。来季に向けたチーム方針が理由だとしても、できないことを指摘するより、確実に彼にしか使えない武器を持った選手。その威力は、まだまだ衰えてないでしょう。例によっての恩返し弾はカンベンだけど、新天地でのますますの活躍を願っています。それはそうと、イバ以外総取り換えとなる我らがFWはダイジョブ?

| | コメント (0)

2017/11/29

一日中日本橋

17
今日はお仕事で、朝から夕方までずーっと日本橋に滞在。かなり密度の濃い内容で、移動が少ないわりには疲れました。ここから先はプライベートですが、引き続き所在地は日本橋。はい、このイメージを支えに乗り切りましたよ。ふーっ。

| | コメント (0)

2017/11/28

「100年続くクラブ」への一歩

17_jfl
次回は、サッカーの試合を見に行かなくては。この10月に家族で仙台に行ったとき、魚と天ぷらが美味しいからと弟に連れて行ってもらった牡鹿郡女川町にJFLチームが誕生しました。全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017で上位2位となったコバルトーレ女川とテゲバジャーロ宮崎が、来季よりJFLに参入することが内定しました。やりましたね。でもその結果を聞いてオフィシャルサイトを訪ねるまでは、そこまで地域を支え、支えられているチームとは知りませんでした。女川という地名は震災で大きな被害を受けた町として記憶していましたが、「100年続くクラブ」を目指した歩みはそれ以前から始まっていたとのこと。来シーズンにいきなり我らがクラブと対戦する機会はないかと思いますが、遠征先としてはとっても魅力的なアウェイ。まずは、門前仲町にある公認アンテナショップ居酒屋「三陸港町酒場 女川男(オナガワマン)」にお祝いに行きますか。

| | コメント (0)

2017/11/27

頼むよタヴァちゃん

17
2人目のお知らせは、監督でした。横浜FCでは、タヴァレス監督(61)と2018シーズンの契約が合意いたしましたのでお知らせいたします。まさか、ホーム最終戦にぎりぎり間に合ったこの画像を、1回しか使わないのがもったいないから更新したわけじゃないですよね。その手腕はまだ未知数のところがありますが、この時期に来季の監督が決まっているのは悪いことじゃない。豊富な経験を活かして、しっかり準備を整えて開幕を迎えてください。西谷での印象では、前からのアグレッシブな守備を求めているようだったし、今までより走れるチームをめざすのかな。そんなことも含めて、この決定は選手たちの今後の動向にどう影響するのか。あと、黄色のままか変わるのか帽子の色からも目が離せません。

| | コメント (0)

2017/11/26

横浜にじっとしている日曜日

17
本来なら、決戦の当日。ですが、九州にも名古屋にも出かける必要がなくなってしまった身としては、まず早朝からわが家のこれまた大事な出陣のお見送りを。家に戻れば母親のあれこれと、昨日のお歳暮選びに続いておつとめをせっせと。それらもひと段落してDAZNを見ていたら、プレーオフの合間に目に入ってきたのがJ3北九州のホーム最終戦セレモニーの様子。そこで引退の挨拶をしていたのは、西嶋弘之と八角剛史というわがクラブにも縁ある二人でした。マイクまで歩く間も足を引きずってた八角が痛々しかったけど、10年間お疲れさまでした。

| | コメント (0)

2017/11/25

閉鎖期間は未定らしい

17_2
約1か月前の通勤時に、東海道線の車窓から茶色い大河を見たときから気になってたグランドの様子を確かめてきました。もう20年以上前になりますが、いちおう自分たちのホームグランドとして毎月のように走り回ってた多摩川河川敷のサッカーコート。昨日は大型トラックから土が降ろされ、重機も入っていましたが、管理事務所横の掲示板には閉鎖期間は未定という貼り紙が。すぐ下流側に並ぶ十数面の野球場は、まだほとんど手つかずのようだし。従来通りに使用できるのはいつになるのでしょう。それにしても台風通過直後のあの朝は、この足もとの土手の数メートル先から向こう岸までが一つの川になっていたわけで、その濁流のすさまじさからすれば一見何事もなかったかのような静かな景色に戻ってました。そりゃ、犬の散歩かタコ揚げくらいしかできなければ、静かにもなるか。

| | コメント (0)

2017/11/24

やっぱり、俺たちのイバ

17
いや、こちらこそよろしくです。昼からずっと外回りをしていて確認が遅くなりましたが、大事なお知らせが届いていました。2018シーズン契約更新選手のお知らせ」の一番手はイバ。そして、そのコメントには「横浜FCすべての選手は、来年、皆さんを幸せにするために、全力を尽くします。 私達を信じて、応援していただき、共に戦い、もっと強くなりましょう。2018シーズンもよろしくお願いします」とありました。ワケあって今夜は川﨑駅裏でひとりセンベロ(正確には1,420円)してきた私ですが、自宅で祝杯のあげ直し中です。イバ!!

| | コメント (5)

2017/11/23

たまには、父として

17
リーグ戦モードから、家庭第一モードへ。すっぱりと切り替えた? 勤労感謝の日は、予報どおりに午後からすっきり青空の門前仲町へ。といって、七五三のお祝いに来たわけではありませんが、それはそれで娘を思う一人の父親としてのおつとめがあるわけです。このあとは、深川不動尊から富岡八幡宮へハシゴでお願いを。3年前(もう3年経っちゃったんだ)と同様に、宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2017/11/22

連日のお知らせが

17
そういう季節ですからね、ある程度の気持ちの準備はしてはいましたが。われらがクラブから、連日のお知らせが届きました。一つめは、ニッパツ横浜FCシーガルズでは、7名の選手が引退することとなりましたのでお知らせいたします。そして二つめは、横浜FCでは、6名の選手について、契約満了にともない来季(2018シーズン)の契約を更新しないこととなりましたのでお知らせいたします。ともに、サッカー選手にはつきものの、今シーズンでお別れというお知らせ。それぞれの選手には、お疲れさまとありがとうという思いでいっぱいですが。ここで微妙に違うのは、シーガルズの選手たちはすべて引退という決断であること。チームを離れるだけでなく、サッカー選手であることを辞めるには一人ひとりの理由があるのでしょうが、ほとんどが20代半ばであることを考えると女子サッカーを取り巻く環境の難しさをあらためて感じます。一方、クラブ側が各選手の処遇を選択したことになるトップチームについての感想は、また後日に。

| | コメント (2)

«思わぬところでの再会